TOP > キャンパスライフ > 在学生の声

キャンパスライフ

在学生の声

私が育った街で、行政保健師として働く事を目指しています。 

Q. 聖マリア学院大学を選んだ理由と入学して良かったと思うところを聞かせて下さい。

私は、高校生の頃から国際看護に興味があり、いつかは海外で働きたいと思っていました。聖マリア学院大学は国際交流が盛んで、自分の夢を実現するために多くの事を学べる大学だと思い選びました。また、チューター制度という、学生一人ひとりに担当の先生が付いて、不安や悩みを相談できるという点で、とても心強かったです。

Q. 1年次で印象に残っている授業(実習)や苦労した点を教えてください。

  また、後輩へのアドバイスを聞かせてください。

1年次では解剖学と生理学の授業が印象に残っています。これまで知識を積み重ねてきた高校までとは違い、一から覚えなければならなかったため苦労しました。そこで、どの教科も個々の授業として考えず、繋がりで勉強していくと覚えやすくなりました。
聖マリア学院大学では、知識や技術だけでなく、看護師としての在り方や患者様との向き合い方まで学べます。これは、本学の教育理念「カトリックの愛の精神」によって身に付いているものだと思っています。皆さんが本学に入学して、同じ夢をもつ私達と一緒に成長できる日が来るのを楽しみにしています。

看護学部看護学科
馬渕 美琴さん
佐賀県立 鳥栖高等学校出身

療養生活を送っている患者様やご家族の「叶えたい想い」を形にできる看護師になりたい。

Q. 聖マリア学院大学を選んだ理由と入学して良かったと思うところを聞かせてください。

聖マリア学院大学は実習施設の聖マリア病院との距離がとても近く、普段の生活の中で患者様と接する機会も多く、一年次から良い刺激のなかで学べると思い本学を選びました。また、入学して良かったところは、単科大学なので同じ目標を持った友人がたくさん出来て、興味のある分野を深く学べることです。

Q. 2年次で印象に残っている授業(実習)や苦労した点を教えてください。

スキルラボ臨床レベル1に苦労しました。これは2年次で2回ある実習や、自分のスキル獲得・向上のためのカリキュラムで、実際に動いて学ぶため、座学では感じる事のできない難しさがありました。でも、回数を重ねるごとに自分のスキルになっている事を実感でき、実習に生かすことができました。また実習では、コミュニケーション力や観察力が求められ、看護学生としての「今の自分」を見つめることができる機会になり、今後の学びに繋げることができました。臨床病態学の授業では、患者様に現れている病状や今後のリスクについて、病態を学ぶことで的確な判断で対応ができ、とても勉強になりました。

看護学部看護学科
吉村 一輝さん
長崎県 海星高等学校出身

患者様やご家族に、その方らしい生活を送れるようなケアを提供できる看護師になりたいです。

Q. 聖マリア学院大学を選んだ理由を教えてください。

聖マリア学院大学を選んだ理由は、実習施設である聖マリア病院が隣接しており、実習中も学内で学習ができると思ったからです。また、入学前に先輩方のお話を伺う機会があり、整った教育体制や学生支援のチューター制度があり、質問しやすい環境であることを教えていただき安心して本学を選びました。

Q. 3年次で印象に残っている授業(実習)や苦労した点を教えてください。

3年次では、グループワークが増え、ディスカッション等の中で協調性や主体性を学ぶ事ができました。そして他の学生の意見を聞く事で新しい発見もありました。またOSCE(オスキー)※という看護学生の臨床実践能力を確かめる試験があります。この試験では、今までの座学や演習で学んだ事を活かす必要があるため、実習前に総合的な力を再確認することができました。今までに学んだことを復習して、実習に行く前の自信に繋げることができたことは大きかったです。また、後期の実習では実際に様々な患者様と関わらせて頂き、座学では学べないことを多く経験出来て大変参考になりました。
※オスキーは「臨床看護実践学」「スキルラボ臨床レベル3」の中で実施します。

看護学部看護学科
土生 彩乃さん
福岡県 筑紫女学園高等学校出身

海外での妊婦さんへの支援もできる様に国際的な知識を身につけていきたいです。

Q. 聖マリア学院大学を選んだ理由と将来の夢や目標を教えてください。

聖マリア学院大学を選んだ理由は、専攻科助産学専攻があり、隣接する聖マリア病院で実習を行えるところに魅力を感じたからです。将来私は、病院の中だけでなく、地域に根ざした助産師になりたいと思っています。そして国内だけでなく、海外での妊婦さんへの支援もできる様に国際的な知識を身につけていきたいです。

Q. 4年次で印象に残っている授業(実習)や苦労した点を教えてください。。

  また、後輩へのアドバイスを聞かせてください。

4年次では、卒業研究と総合実習、国家試験など、同時にやらなければならない事が多くて大変でした。スケジュールを自分で考えながら、勉強する日や研究する日を決めて毎日取り組みました。また、災害看護の授業で、災害時の看護師としての役割を学べた事が印象に残っています。 聖マリア学院大学では、医療という専門的な分野の勉強で大変ですが、同じ目標を持つ友人と助け合い励ましあう事ができます。充実して忙しい毎日になると思いますが、新たに出逢う仲間と素敵な看護師になる為に頑張ってください。

2017年卒業生 聖マリア学院大学 専攻科助産学専攻
三橋 可歩さん
福岡県立 福岡中央高等学校出身

〒830-8558 福岡県久留米市津福本町422(西鉄天神大牟田線試験場前駅下車徒歩7分) TEL 0942-35-7271 FAX 0942-34-9125

プライバシーポリシー