TOP > 大学院 > 入試情報

CNS(専門看護師)コース 

修士論文コース

大学院

入試情報

アドミッションポリシー

本学大学院看護学研究科(修士課程)は、本学の教育理念に基づき看護学・看護実践に対する正しい基本姿勢をふまえて、看護の分野における高度かつ専門的な学術の理論および実践を研究し、高度実践看護の実践者、指導者、教育者、研究者、管理者等となるべき人材、また、国際的視野のもとに看護の教育・研究・実践を学際的に遂行できる優秀な人材の開発・育成を目標としています。入学者選抜においては、以下にあげるような学生を求めています。

  1. 豊かな人間性と、人間の尊厳を基盤に置く高い倫理観を求める者
  2. 本学看護学研究科の教育を受けるための基礎学力を有する者
  3. 看護学に対する強い興味と探究心を持ち、自立性および向学の志が高い者
  4. 修士課程を修了し、その研究成果の応用によって看護の分野における地域社会
    および国際社会の幸福と健康に寄与する意思を有する者

募集人員

  修業年限 入学定員
看護学研究科
(修士課程)
2年(※) 一般入学試験 12名
(男・女)
社会人特別選抜試験

※4年を上限に長期履修制度あり。

募集研究領域

健康・療養支援看護学領域
1.修士論文コース ●ヘルスプロモーション看護学
●小児・子育て支援看護学
●クリティカルケア看護学
●療養支援慢性看護学
●老年看護学
●精神看護学
ヘルスプロモーション看護学、小児・子育て支援看護学、クリティカルケア看護学、療養支援慢性看護学、老年看護学、精神看護学の6つの分野で、看護に必要な理論や概念を理解し、看護ケアの質改善を導くエビデンスについて、研究を通して探求します。
2.慢性看護専門看護師コース
(Certified Nurse Specialists)
慢性疾患を病む人々への看護に必要な理論や概念、CNSの機能について理解し、患者(クライエント)の自己管理能力とQOLを高め、地域社会に貢献しうる高度な実践について修得する。
MCH(周産期・母子)看護学領域
1.修士論文コース 各ライフステージにある女性および周産期にある母子と、その家族に対する理論や概念について理解し、実践と研究への適応を探究する。
2.母性看護専門看護師コース
(Certified Nurse Specialists)
各ライフステージにある女性および周産期にある母子とその家族に対する理論や概念を理解し、高度実践看護師として地域に貢献するために必要な理論に基づく支援技術について修得する。
統合看護学領域
1.修士論文コース ●看護政策・管理・教育システム(国際比較)分野
●国際看護学分野
看護政策・管理学・教育システム(国際比較)、国際看護学の2つの分野で、心理的ケア、看護制度、国際看護について、研究を通して探求する。

※各領域において、開講時刻等については科目担当教員と協議の上、調整することも可能です。

授業科目

授業科目一覧 [約505KB]

出願資格

入試区分 出願資格
一般入試 下記のいずれかに該当する者で、原則として看護師免許を取得した者及び取得見込みの者。
  1. 大学を卒業した者もしくは平成29年3月までに卒業見込みの者。
  2. 大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者もしくは平成29年3月までに授与される見込みの者。
  3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者もしくは平成29年3月までに修了見込みの者。
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより、当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者もしくは平成29年3月までに修了見込みの者。
  5. 我が国において、外国の大学相当として文部科学大臣が指定した外国の学校の課程を修了した者もしくは平成29年3月までに修了見込みの者(当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者に限る)。
  6. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上で、文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)を修了した者もしくは平成29年3月までに修了見込みの者。
  7. 文部科学大臣が指定した者(昭和28年文部省告示第5号)。
  8. 本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、平成29年4月1日現在、満22歳以上の者。

※上記7、8で出願しようとする者は、「受験資格認定申請書」を含む提出書類を申請期間に本学に提出し、出願資格認定審査を受けて下さい。

社会人特別選抜試験 下記の1~8のいずれかに該当し、かつ9に該当する者で、原則として看護師免許を取得した者。
  1. 大学を卒業した者もしくは平成29年3月までに卒業見込みの者。
  2. 大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者もしくは平成29年3月までに授与される見込みの者。
  3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者もしくは平成29年3月までに修了見込みの者。
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより、当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者もしくは平成29年3月までに修了見込みの者。
  5. 我が国において、外国の大学相当として文部科学大臣が指定した外国の学校の課程を修了した者もしくは平成29年3月までに修了見込みの者(当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者に限る)。
  6. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上で、文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)を修了した者もしくは平成29年3月までに修了見込みの者。
  7. 文部科学大臣が指定した者(昭和28年文部省告示第5号)。
  8. 本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、平成29年4月1日現在、満22歳以上の者。
  9. 看護師免許取得後、看護職として3年以上の職務経験を有する者。

※上記7、8で出願しようとする者は、「受験資格認定申請書」を含む提出書類を申請期間に 本学に提出し、出願資格認定審査を受けて下さい。

出願資格認定審査

出願資格7、8で出願を希望する者は、出願前に出願資格の認定審査を受けて下さい。

申請期間 秋期(一般、社会人):平成28年9月1日(木)~9月16日(金)
春期(一般、社会人):平成29年1月5日(木)~1月17日(火)
提出書類 【1】出願資格認定申請書(本学大学院所定の用紙を使用すること)
【2】最終学歴校卒業(見込)証明書及び成績証明書
   ※最終学歴が看護課程の学校でない場合は、
   看護課程の学校の卒業証明書及び成績証明書も併せて提出すること。
【3】研究計画書(本学大学院所定の用紙を使用すること)
申請方法 封筒に「出願資格認定申請書在中」と朱書きし、簡易書留にて本学入試事務室まで郵送して下さい。
結果通知 申請者には下記の期日までに出願資格認定の審査結果を書面にて通知します。当該期日までに結果の通知が届かない場合は、本学入試事務室までお問い合わせ 下さい。

秋期:平成28年9月30日(金)
春期:平成29年1月31日(火)

※出願資格を認定された者は、「出願希望者の事前相談」「出願期間」「出願書類」「入学検定料」の手続きにより出願してください。

出願希望者の事前相談

出願希望者は出願前に、各自の希望する分野の教員と電子メール等で連絡を取り、大学院における研究等について必ず相談を行って下さい。
健康・療養支援看護学領域およびMCH(周産期・母性)看護学領域で、「慢性看護専門看護師資格取得」、「母性看護専門看護師資格取得」を希望する方は、事前に領域担当者に必ず相談を行って下さい。

事前相談方法

希望する教員にメールで連絡もしくは入試事務室(0120-35-7271:月曜~金曜 9:00~17:00)まで電話もしくは電子メール(nyushi@st-mary.ac.jp)にてご連絡ください。追って相談日時等をご連絡いたします。
※教員のメールアドレスは募集要項をご覧下さい。

事前相談方法

出願期間

秋期:平成28年10月3日(月)~10月13日(木)

春期:平成29年2月1日(水)~2月16日(木)

※締切日必着

入学検定料

30,000円(各入試区分共通)

※銀行(ゆうちょ銀行含む)又は郵便局から本学所定の払込用紙でお振込み下さい。
※ATMでのお振込はゆうちょ銀行もしくは郵便局に限ります。その他の金融 機関のATMはご利用できません。
※ATMでお振込の場合も、振替払込受付証明書(金融機関窓口で押印したもの)を
入学志願票裏面の貼付欄に貼り付けて下さい。

選抜方法

選抜方法 ※一般、社会人特別選抜共通

学力試験(専門科目、英語)、面接、出願書類等の総合判定による。

試験科目等

●英語  ※辞書持込可(但し、電子辞書の持ち込みは認めない)
●専門科目 ※志望する研究領域の科目を選択すること
●面接 
※社会人特別選抜は専門科目加重配点

試験期日

〔秋期〕平成28年10月22日(土)

〔春期〕平成29年2月25日(土)

受験生注意事項
  1. オリエンテーション10分前までに着席し、監督者及び係員の指示に従って下さい。
  2. 試験開始後の遅刻者は、原則として試験教室への入室を許可しません。ただし、やむを得ない事情で遅れた場合には、直ちに係員に申し出て指示に従って下さい。
  3. 試験教室では受験番号と同じ机上番号の席につき、受験票を机上に置いて下さい。
  4. 受験票を忘れた場合には係員に申し出て指示に従って下さい。
  5. その他

    1.本学構内への車輌の乗り入れ及び試験場以外の施設への立ち入りを禁止します。
    2.付き添いの方は控室を利用して下さい。
    3.昼食は必要に応じ各自用意して下さい。

合格発表

日時 発表方法
秋期:平成28年11月2日(水)
春期:平成29年3月3日(金)
合格者の受験番号を学内に掲示するとともに、合格者のみ合格通知書により通知する。不合格者に対しては通知しない。
本学ホームページ上に合格者の受験番号を掲載する。
※ホームページでの発表は、あくまで補助的なものですので、合格通知もしくは学内掲示にてご確認下さい。

※合否に関する電話等による照会には応じられません。

学納金(平成29年度)

区分 入学時納入金(※1) 後期納入金 次年度以降納入予定額(年額)
入学金 250,000円
授業料 425,000円 425,000円 850,000円
施設維持費 100,000円 100,000円 200,000円
合 計 775,000円 525,000円 1,050,000円

(※1)入学金のお振込みは各選抜試験の入学手続締切日、授業料及び施設維持費のお振込みは平成29年3月23日(木)までとなります。
※本学出身者は入学金が免除となります。
※次年度以降は、諸情勢を勘案するスライド制による値上げを行う予定です。
※前期納入金振込締切日までに授業料及び施設維持費(前期分)の納入がない場合には、
 入学の意志がないものとして入学資格を取り消すことがあります。
※一旦納入された学納金は、平成29年3月31日(金)17:00までに入学の辞退を申し出た者に限り、返還を請求することができます。
 (ただし、入学金は返還の対象とはなりません。)

募集要項はメールもしくはお電話でもご請求いただけます。

メールで請求する
nyushi@st-mary.ac.jp クリックするとメールソフトが立ち上がります。

メールによる募集要項請求の際は、本文に「大学院募集要項請求の旨」と、「郵便番号」「住所」「氏名」の記載をお願いします。

電話で請求する

TEL:0942-35-7271(代表)

〒830-8558 福岡県久留米市津福本町422(西鉄天神大牟田線試験場前駅下車徒歩7分) TEL 0942-35-7271 FAX 0942-34-9125

プライバシーポリシー