TOP > 大学案内 > 教育理念及び特色

大学案内

教育理念及び特色

教育理念

聖マリア学院大学は、「カトリックの愛の精神」に基づく教育・研究を行って、豊かな人間性と深い教養を具え、高度の看護知識と技術に基づく科学的な看護実践能力を養い、広く人間社会の健康に寄与できる篤実有能な人材を育成することを目的としています。

教育の特色

いのちを支援するために学ぶこと。

聖マリア学院大学の教育の特色としては「生命倫理教育」「ロイ適応モデルを基盤とした看護教育」「国際看護教育」の3つが挙げられます。これらは建学の精神である「カトリックの愛の精神」を具現化するものとして本学院の創生期より引き継がれてきた大切な遺産であり、これらによって形づくられた聖マリア学院の文化は次の世代に継承されなければならないものでもあります。

生命倫理教育
いのちに耳を澄ませて、そして問いかける。

21世紀に入り人類は数々の大きな問題に直面しています。環境問題、貧困や難民問題、発展途上国における人口爆発、先進国の少子高齢化問題。医療の分野でも、遺伝子操作、脳死や臓器移植問題など、人の生命について真剣に考えるべき問題が多く生まれています。

本学の前身である聖マリア高等看護学院におけるカリキュラムにおいては昭和50年代にすでに倫理教育、医学概論を看護教育の中心に置き、当時としては非常に質の高い人間教育が実践されていました。

聖マリア学院の文化を形成する生命倫理教育はさらに、短期大学から4年制大学へと引き継がれました。聖マリア学院大学のカリキュラムにおいては基礎分野の中に「人間の尊厳と理解」という領域を設けそのなかに生命倫理学を位置づけることによって、本学がカトリックの愛の精神に基づき、人間の尊厳を最高原理とすることを明確にいたしました。

生命倫理Iのおもなテーマ
●生物進化とヒトの出現、DNA 生物学
●人間の尊厳とバイオエシックス、クローン羊の誕生
●ヒトクローン作製禁止法、再生医療
●脳死と臓器移植、医療による倫理
●遺伝子をめぐる生命倫理、遺伝子治療
●生命倫理の基本原則、人間の生存を考える
●バイオテクノロジーと環境、環境倫理
ロイ適応看護モデル
著名な看護理論をカリキュラムに。

1990年当時より、Sister Callista Roy の臨床体験から生まれた看護教育と臨床看護実践の看護モデルの発祥の地であるMount St.Mary’s College と姉妹校提携を結んでおり、現在まで両校の学生・教員の活発な交流が行われています。聖マリア学院大学の開学と共に、アメリカに本部を持つRoy Adaptation Association(RAA)の日本支部(RAA-J)が、聖マリア学院大学、聖母大学、天使大学の3つのカトリック系看護大学により結成されました。本活動を通じて、本学はますます、「いのちの支援者」としてのあり方を探求していきます。

平成21年に来学されたときの様子

ロイ先生からのメッセージMOVIE

RAA-JRAA-Jは、RAAによって国際的に日本では、初めて公的に承認された支部です。RAA-Jの目的は、(1)日本文化におけるロイ適応看護モデルに基づく看護実践研究の発展、(2)ロイ適応看護モデルとその哲学的観点の真相の探求、(3)ロイ適応看護モデルに基づく根拠に裏付けられた看護実践とカトリックに関連する看護教育への貢献、(4)母体であるRAAのカンファレンスに参加することによって、ロイ適応看護モデルに対する知識を深め、日本支部の活動を活性化することにあります。本学の開学と時期を同じにして、日本のカトリック系看護大学によりRAA-Jが発足したことをご報告すると共にRAA-Jの発足に感謝致します。RAA-J福岡Branchの本学においては、ロイ適応看護モデルの検証を通して、本学が目指す「いのちの支援者」としての看護専門家の育成に貢献していきたいと考えています。

RAAからの承認書

国際看護教育
愛は、国と国を、人と人をひとつにする。

現在、国際社会は大きな転換期にあり、開発途上国の多くはエイズや人口問題、新興・再興感染症などの保健衛生上の課題に苦しんでいます。

また、地球環境問題など国際的な取り組みが必要な新たな分野も出現しており、わが国はこれまでの貴重な経験を生かし、これらの問題に対し大きな役割を果たすことが期待されています。

聖マリア病院から継承されたものに、国際医療協力があります。聖マリアグループ共通の設立理念である「カトリックの愛の精神」の具現化としてすでにグループ内で実施されていた国際医療協力は、本学においては全学生が国際的な視野のもと国際看護学の学びを展開出来るようにし、基礎分野(1年次)に「人間の尊厳と理解」とともに「世界とのかかわり」の領域を設けています。人間の尊厳の尊重のための異文化理解からより専門的な国際保健論、国際看護論そしてフィールドスタディ(海外)へと視野を広げていきます。開発途上国に対する国際医療協力は、主に国際協力機構の要請に沿って聖マリア学院の教員および卒業生が専門家として派遣されています。エジプト・パキスタン・ホンジュラス・中国・ケニア・インドネシアなど、現在までの聖マリア病院と共同した派遣国は計33 カ国、受入国は計100 カ国に及んでいます。

〒830-8558 福岡県久留米市津福本町422(西鉄天神大牟田線試験場前駅下車徒歩7分) TEL 0942-35-7271 FAX 0942-34-9125

プライバシーポリシー