TOP > 大学案内 > ごあいさつ > 学長室から > アッシジの聖フランシスコ

大学案内

学長室から

皆さんに伝えたい、いのちへの想い

学長井手三郎より、聖マリア学院大学の情報をブログとコラムでご紹介します。より親しみのある大学を目指し、ホームページより情報を発信してまいります。

井手三郎 略歴

筑波大学大学院修士課程医科学研究科医科学専攻 修了(昭和56年3月)
博士(医学)-九州大学医博乙第2166号-(平成12年2月)

聖マリア学院短期大学・教授
学校法人聖マリア学院・事務局長
学校法人聖マリア学院・理事長(平成16年 8月~)
聖マリア学院大学・教授(平成18年4月~)
聖マリア学院大学大学院・教授(平成22年4月~)

平成27年4月1日より現職(第3代学長)

18.11.20

アッシジの聖フランシスコ

聖フランシスコ アッシジ像

 職員旅行の折に、イタリアのアッシジを訪ねる機会がありました。アッシジの聖フランシスコの生誕の地です。初めての訪問であり、やっとこの地に来ることが出来たという気持ちでした。小高い丘の上の静かな小さな街並みで、中心にフランシスコが眠る聖フランシスコ聖堂が在ります。また聖フランシスコと共に、清貧の精神を生きた聖クララの眠る聖キアラ聖堂も近くにあります。今に至っても、とっても心休まる心の故郷という気持ちです。アッシジの訪問は短い時間でしたが、本学の理念の源に居るという素敵な時でした。

 12世紀の後半にイタリア・アッシジの裕福な商家に生まれたフランシスコは、すべての財産を捨て、仲間と共に清貧な生活を送りました。また、ハンセン病の方々に心から手を差し伸べ、その後のカトリックの医療・福祉の基本方針の礎を造ったとも考えられます。自然を愛し、小鳥や動物と会話する心優しい方でした。皆さんはフランシスコの「平和の祈り」をご存知かも知れませんね。本学の教職員すべてが聖フランシスコに倣い、慈しみの心を持って学生の皆様に接することが出来ればと思っています。

 多くのカトリック信者が彼を心より慕いました。16世紀半ばに我が国にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルも、バスク地方のザビエル城主の彼の父親がこのアッシジの聖フランシスコを慕い、息子にその名前を授けたとのことです。きっと、すべての人々に愛され、慕われていると思います。私も洗礼名として、このアッシジの聖フランシスコの名前を幼児の頃より頂いています。学長としても、アッシジの聖フランシスコの精神に従って大学運営が行い得ればと思っています。

アッシジの聖フランシスコによる多くの言葉から、次の言葉を見つけました。私自身の今後の生活の指針と致したいと思っております。

.

清貧のなかでこそ神とともにいられる

アッシジの聖フランシスコ

 

フランシスコの「平和の祈り」 

主よ、わたしを平和の器とならせてください。
憎しみがあるところに愛を、
争いがあるところに赦しを、
分裂があるところに一致を、
疑いのあるところに信仰を、
誤りがあるところに真理を、
絶望があるところに希望を、
闇あるところに光を、
悲しみあるところに喜びを。
ああ、主よ、慰められるよりも慰める者としてください。
理解されるよりも理解する者に、
愛されるよりも愛する者に。
それは、わたしたちが、自ら与えることによって受け、
許すことによって赦され、  

自分のからだをささげて死ぬことによって
とこしえの命を得ることができるからです。

.

付記:本学のフランシスコ・ラウンジ

 本学学生の学修環境充実の為、昨年度図書館棟を施設しました。本年度は更に、旧図書館部分を学生ラウンジとして改修しました。また大学院棟にも学修スペースとして、学部学生も利用できるラウンジを2室設置しました。2Fのフランシスコ・ラウンジと4Fのテレサ・ラウンジです。利用に際してはQuite Zoneの取り扱いです。大学院生の熱心な研究姿勢を眺めながら静かに学修できるスペースです。

フランシスコ・ラウンジには、アッシジの聖フランシスコの写真等を掲示しています。テレサ・ラウンジには、マザー・テレサの写真等が掲示されています。フランシスコの面影の内に平和の祈りを唱え、暫し黙想するにも最適なラウンジです。是非、訪れて下さい!

〒830-8558 福岡県久留米市津福本町422(西鉄天神大牟田線試験場前駅下車徒歩7分) TEL 0942-35-7271 FAX 0942-34-9125

プライバシーポリシー