Message

先輩看護師の姿を見て自分の中でより具体的な看護師像を見つけることができました。

看護学部看護学科 4年生

西田 鈴花 さん

福岡県明光学園高等学校出身
聖マリア学院大学 看護学部看護学科

事前の準備として、実習先の患者様の病状について先生から教えていただけるので、疾患や観察ポイントを調べてノートにまとめて実習に臨みました。また、血圧測定などがスムーズにできるように、友達や家族に何度も協力してもらい練習しました。
実習では、ひとりの患者様を受け持たせていただきます。バイタルサイン(*1)の測定や検査への同行、リハビリ見学などを行いました。様々な視点から患者様の状態をアセスメントして看護診断を考えました。そして介入計画を立案して実行、評価していきます。
実習に行ってみると、看護師の仕事は注射やバイタルサイン測定だけでなく、他の科と連携を取ったり、患者様のご家族を含めてケアを行ったりと、とても多くのことを実施されているのだと学びました。ただケアをするのではなく、一人ひとりの患者様に合わせて個別に看護を行っている先輩看護師の方の姿を見て、自分の中でより具体的な看護師像を見つけることができました。実習中はまだ学生なので、できることは限られますが、会話することも大切なケアのひとつです。そこから患者様が困っていることや悩みも知ることができます。話すことが苦手でも、なるべく訪室して同じ時間を一緒に過ごすことが実習生にとって一番大切で実行しやすいことだと学びました。

実習を経験しての反省点は、初めの頃は時間をうまく使えていなかったことです。実習中は、記録を付けることに追われますが、毎日きちんと進めていくことで、睡眠時間の確保にも繋がります。記録と睡眠、どちらも大切にすることで、よりよい実習になると実感しました。また、将来、看護師になった時には、実習で学んだことを生かして働き、自分の描く看護師像に近づけるように努力していこうと思いました。

*1 人の生命に関わる最も重要な情報。主に血圧、脈拍、呼吸、体温、意識など。